teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


>山靴の値段

 投稿者:カメ  投稿日:2012年12月28日(金)13時38分53秒
  これだけ長期間にわたる円高にもかかわらず、その恩恵が少な過ぎますね。
坂下代表の意向もあるのでしょうが、ロストアローが扱うブランドは全般的に内外価格差が少ないのは確かです。
暴利を貪っている他の輸入元も、大いに見習ってほしいものです。

パタゴニアやスポルティバ他、現地取扱店が日本への発送を行わない為、個人輸入が難しいメーカーも多数あります。
恐らく値崩れ防止のために、メーカー側からの圧力があるのでしょう。
迂回輸入業者を利用する方法もありますが、相応のリスクが伴います。
この円高差益問題、岳連や労山からも圧力を掛けて欲しいです(苦笑)
 
 

山靴の値段

 投稿者:ジャン・レノ  投稿日:2012年12月27日(木)14時29分24秒
  この円高の中、山靴の値段が一向に下がらないのはなぜだろうか?ヨーロッパに行けば半額に近い値段で購入できるとのこと。アメリカのブラックダイアモンド社の製品はあまりアメリで購入しても値段が変わらないというのと大きな違いがある。インターネットの通販で購入するとかなりやすくてにはいるとは聞いているが。単価が高いだけに新しい登山靴を購入したいのだが躊躇してしまう。  

スタンディングアックスビレイ

 投稿者:ジャン・レノ  投稿日:2012年12月18日(火)19時57分6秒
  先日の日曜日、富士山で雪上訓練を実施してきました。スタンディングアックスビレイでのリード確保でいくつか疑問点がでました。上方向にかかる引っ張りの力を下方向に向けるためにはどのようにしたらよいか。下に支点を作る方法を提案しましたが、引き抜かれてしまう意見があり、実際に実証してみたのですが納得が得られませんでした。また、ピッケルを二本使った支点の回収方法も実証してみました。支点の強度確保と回収、回収するための二本目のピッケルの位置等、難しいです。背負い搬送を雪の斜面で実証してみましたが、背負うのが難しく、また背負って雪面を登るのも難しい結果になりました。シート搬送は比較的うまくできたのと対照的でした。  

雪上での確保

 投稿者:ジャン・レノ  投稿日:2012年12月10日(月)21時55分50秒
  スタンディング・アックスビレイでの確保について、従来の肩がらみの方法に代わるやり方があると聞いた。ご存じの方はいらっしゃいますか?今週富士山で雪上訓練を予定しています。  

結構役立ちます

 投稿者:カメ  投稿日:2012年12月 6日(木)10時24分36秒
  東京電力で公開ている気象情報です。
専ら夏場の雷雨や寒冷前線の情報収集用ですが、使い方次第で通年役立ちます。

http://thunder.tepco.co.jp/index.html
 

遭難対策講習会に参加して

 投稿者:ジャン・レノ  投稿日:2012年11月23日(金)11時40分59秒
  先週の日曜日に神奈川岳連の遭難対策講習会に参加してきました。
以下感想です。

ポイントはリスクマネージメント。

1.予防措置
2.セルフレスキューと警察・消防のチームレスキューの連携

1については、事前のトレーニング(心肺トレーニングと筋力トレーニング)によるリスク回避。健康維持のために山登りをしている人は、山登りはリスクを伴うことを認識して山登り=トレーニングではなく、必ず山登りをすためのトレーニングを行うこと。特に中高年は自信の体力を過信している傾向があるため、リスク回避におおいに役立つ。またウエアーやストックなど、衰えた体力を補助してくれる道具もたくさん出回っており、有効に使えるようにしておくことも大切。事前の山に行く目的の確認、下調べ、装備点検、計画書、緊急時の対応の確認を行うこと。特に複数で行く場合は、チームリーダーを決め、目的、下調べ、装備点検、緊急時の対応の共有を行い、一人一人に責任を持たせて山に行く自覚させ、緊急時にリーダーの判断を容易にし、また一人一人がチームとして行動することを容易にできる。こうしたことにより遭難を未然に防ぎ、緊急時もパニックにならずに冷静に対処できる。装備品に関しては、山で使えるものと使えないものをきちんと見分ける必要があること。暖房のウエアーがたくさん出回っている中、生地に綿を使用しているものもあり、山で使えるのか確認が必要。

2については、近年ヘリの導入により、警察・消防のチームレスキューのスピードが格段に上がり、事故者の生存救出を容易にできるようになった。そのためにはセルフレスキューの技術を身につけて、警察・消防が救助できる場所と時間を確保しすることがより迅速で安全な救助につなげていける。今回の実技講習では自分たちの普段山行で携行してる装備品を有効に使い、セルフレスキューにより警察・消防のチームレスキューにつなげられる場所まで、セルフレスキューを行うことに重点が置かれた。具体的には、ザックを使った搬送、ツェルトによる搬送、ツェルトによるビバーク、ロープを使った悪場の通過、ロープを使った引き上げ・下降の補助。最後はシュミレーション。シュミレーションは、場の設定に工夫の余地がみられたが、実際にやってみるという点では有効であった。また普段携行しているツェルトも開いてみたことがない人が多く、実際の使い方を知らない人が多かった。最近の遭難事故を検証してみても、装備品を有効に使えずに遭難しているケースがあり、なるほどと感じた。


 

近頃思うこと

 投稿者:goro  投稿日:2012年 9月23日(日)12時36分22秒
   我々は、なぜ山岳会に所属しているのでしょうか?

 山岳会に所属したいと思ったのは「いろんな技術を習得して、より困難な山登りをしたい。一人では困難な山に登るために志を同じくする仲間が欲しい。」という思いがあったからではないでしょうか。

 そういった初心をもう一度思い返してみる必要があると思っています。

 現在のようにバラバラになってしまった状況をから抜け出すためには、力をあわせて実行できる目的を設定して会員の意思を統一できるような施策を考え、実行してゆかねばならないのではないでしょうか。

 現状のままでは、数年後には解体してしまいそうな懸念を抱いています。我々の会は同人ではないはずです。方向性をもち、連帯感のある会に戻したいと思っています。

 そのためには会の方向性やあり方、執行部の任務、運営方法、体制などを今一度見直して、再出発をすべき時期ではないでしょうか。

 新たな出発には柔軟な考えとヴァイタリティが必要です。再出発の先頭にたつ年齢ではありませんが、そのための助力は惜しまないつもりです。

 現状に満足して変化しようとしない限り、腐敗・堕落・消滅してゆくのは自明の理です。

 若い力が抬頭することを切望しています。
 

 投稿者:肉食系うさちゃん  投稿日:2009年11月25日(水)21時55分10秒
  ただいま、雪稜登高会では、”肉食系男子”募集中です!  

トークショーのご案内

 投稿者:東京アウトドアズフェスティバルメール  投稿日:2009年 6月30日(火)15時55分58秒
  東京都豊島区池袋のサンシャインシィティで「東京アウトドアズフェティバル2009」を開催します。ぜひお越しください。
会期 7月3日(金)~5日(日) 10:00~17:00 入場無料
◆スペシャルトークショー
ウォーキングや登山等アウトドアの専門家が、すぐに使えるお役立ち情報をレクチャーします。出演予定 清水國明 岩崎元朗 シェルパ斉藤 他
詳しくは、ホームページをご覧ください。

http://www.sunshinecity.co.jp/outdoors/tof09_talkshow.html

 

登山家小西浩文トークショー「天の上を目指して」

 投稿者:ハウスクエア横浜  投稿日:2009年 5月28日(木)13時25分6秒
  6/14(日)14時から横浜で、
8000m無酸素登頂の登山家小西さんの講演会を開催します。

登山家小西浩文トークショー「天の上を目指して」
日 時
6月14日(日) 13:30開場 14:00開演

場 所
横浜市都筑区中川1-4-1ハウスクエア横浜
ハウスクエアホール
http://www.housquare.co.jp/
045-912-7473

最寄り駅
横浜市営地下鉄ブルーライン 中川駅
横浜駅、渋谷駅からの所要時間は約30分です。
駅からは徒歩2分です。

参加費
無料

定 員
150名

主 催
ハウスクエア横浜

*お電話でご予約ください。
ハウスクエア横浜イベント係
045-912-7473

皆様のご参加をお待ちしています。
 

レンタル掲示板
/13