teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


>ファイントラツクのアンダー

 投稿者:カメ  投稿日:2013年 4月 2日(火)17時56分7秒
編集済
  当方もファイントラックのメッシュを通年愛用しています。
確かに優れモノですが欠点も多いです。
価格はともかく、他のレイヤーのベルクロで痛みが激しい事や、貼り付けのタグが肌に擦れて煩わしいのはなんとかしてほしいです。
タグの問題は裏返して着ることで軽減しますが、ベルクロでの破損対策は難問です。
また耐久性にも欠けるので、消耗品としてはかなり高くつきます。
 
 

ファイントラツクのアンダー

 投稿者:ジャン・レノ  投稿日:2013年 3月31日(日)21時46分46秒
  今年から、厳冬期にはファイントラックのフラッドラッシュアクティブスキンにミズノのブレスサーモを着ていますが、汗による濡れの戻り感が少なく寒さをあまり感じなくなりました。汗をかく体質の人にとっては有効だと感じました。  

個人差

 投稿者:ジャン・レノ  投稿日:2013年 3月31日(日)21時27分49秒
  本当に自分の体は冬山に向いていないと感じます。夏でも少し寒い日や激しい運動をしていると足の指の感覚が麻痺してくることがあるからです。逆に少しでも体温が上昇し易くすぐに汗をかき冬は体温が奪われます。還暦を過ぎた同僚で真冬でも下着にワイシャツ一枚、素足に雪駄という人がいます。本人は鈍感だとおっしゃるのですが、まったく寒さを感じないそうです。手足にしもやけができることは無く、感覚もあるそうです。また真夏の暑さにも強いとのこと。うらやましい限りです。  

コンテニアス

 投稿者:カメ  投稿日:2013年 3月30日(土)09時24分29秒
  浦島太郎状態だったので、今朝になって家人から鹿島槍での遭難を聞いた。
詳細は今後の調査待ちだが、知り得た範囲ではどうやら核心部を抜けてから発生したようだ。
この時期に登るからには、二人とも相応の技術を持っていたであろう。
スタカットに切り替えたり、核心部以外はロープを外すという選択肢もあったのではないだろうか。
コンテは技術の劣る相手に有効だが、確保に失敗すると本来一人で済むところを、パーティー全滅の憂き目にあう。
明日は我が身と考えれば、相手選びも慎重にならざるを得ない。




 

 投稿者:カメ  投稿日:2013年 3月14日(木)21時53分28秒
  先日の群馬県山急山での墜死事故、当事者はアンザイレンしていたとか。
確保者が自己確保を省いたのか、それともアンカー構築の失敗か?
「続生と死の分岐」にも、類似の事例が載っていたような記憶が。
 

阿蘇くじゅう・祖母山系イベント山開き情報

 投稿者:飯田ヒュッテ西嶋  投稿日:2013年 3月13日(水)15時09分41秒
  こんにちは。くじゅう連山の麓で登山者の宿「飯田ヒュッテ」を営んでいます西嶋と申します。
今シーズンの阿蘇くじゅう・祖母山系のイベント・山開き情報がわかりましたのでお知らせします。
4月22日 くじゅう開山祭 白口岳11:00~
4月29日 黒岳シャクナゲ祭 じろそ村キャンプ場 8:30~
4月29日 傾山山開き 山頂祭 11:30~
4月29日 阿蘇高岳山山開き
5月3日  祖母山山開き 山頂祭神事 11:30~
5月12日 由布岳山開き 正面登山口 8:30~
6月2日  くじゅう山開き 久住山 10:30~
情報はあくまでも予定です。詳しくは各地域の商工観光課や主催施設にお問い合わせください。

又、飯田ヒュッテでは6月の予約を開始しました。
特にミヤマキリシマの開花時期5月後半~6月前半は早めにお問い合わせください
詳しい宿情報は飯田ヒュッテHPをご覧ください。飯田ヒュッテ西嶋

http://handahyutte.ina-ka.com/

 

訂正

 投稿者:カメ  投稿日:2013年 2月27日(水)16時50分37秒
  滝沢スラブ→滝沢リッジ  

>凍傷対策Ⅱ

 投稿者:カメ  投稿日:2013年 2月27日(水)16時39分57秒
編集済
  当方、縦走ではBDのプロデージー&化繊ライナー、登攀系ではパタのトリオレット&化繊ライナー、終了後はモンベルの中綿無しのゴアミトンを重ねています。
この組み合わせで、指先が冷たいと感じたことはありません。
その昔、かの同志会の大宮さんは軍手で滝沢スラブに入ったとか(行動食もアンパン数個!)
寒さや暑さの感じ方は、個人差が大きいようですね。
 

凍傷対策Ⅱ

 投稿者:ジャン・レノ  投稿日:2013年 1月19日(土)15時45分21秒
  穂高では、絹の薄いインナー手袋と1,000で安売りしていたポーラーテックの手袋、アウターの3重重ねにした。冷え性の体質のため、それでも指先の感覚がなくなってくるので、感覚が無くなると、インナーと手袋の指の部分を抜き、指先を平の部分で丸めて感覚を戻した。
アウターとインナーが別々だとこの行動が出来るのだが、アウターとインナーと手袋が一体構造になった冬用手袋だとこれができない。今回一体型を持参したメンバーが指が未だに痺れる感覚があると言うことを聞き、一体型のグローブよりもセパレートを組み合わせた手袋の方が有効であると感じた。
 

凍傷

 投稿者:ジャン・レノ  投稿日:2013年 1月15日(火)18時47分57秒
  穂高でのほほの凍傷では、医療用の透明フィルムを張ってみた。湿潤療法のために救急用品として持ってきたのだが、これが意外に凍傷に使えるとは考えていなかった。強い寒風をシャットアウトできた。持って行くと便利。  

レンタル掲示板
/13