teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:12/12 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

反復測定による分散分析後の多重比較

 投稿者:徳野義信メール  投稿日:2007年12月 3日(月)09時12分56秒
  通報 返信・引用
  多くの実例を使った説明で医療系ではない実務者でも、手法の具体的な使い方を理解するのに非常に役に立っています。
さて、P185~の反復測定による分散分析の後の多重比較法に関する説明に関する質問です。
この例では球面性の検定では仮説が成立しない場合で、その後の多重比較ではTukeyのHSDを使っていますが、TukeyのHSDは正規性と等分散性を前提とした多重比較法と認識しています。球面性の仮説が成り立たない場合は、等分散性を疑うべきという記述をどこかのホームページで見たことがありますが、この場合TukyのHSDを使用して差し支えないのでしょうか?
統計手法を完全に理解できていない者の質問ですが、ご回答いただけたら幸です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:12/12 《前のページ | 次のページ》
/12