teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:17/96 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

こころの涙

 投稿者:Candyメール  投稿日:2004年 7月28日(水)21時50分44秒
  通報
  こころの涙
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797416335/qid=1091013363/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/249-2566729-4484316#product-details

レビュー

出版社/著者からの内容紹介
日記形式で書きました。日記を毎日付けている時は、本になるとは思いもしませんでした。今だ、統合失調症(精神分裂病)に対する一般社会の偏見と理不尽な差別がある中、少しでも統合失調症の方への理解が得られれば幸いです。出版に当たり故遠藤周作さんの奥様、遠藤順子さんにアドバイスして頂き感謝しております。

内容(「MARC」データベースより)
明日が辛いと思うから、明日に夢がもう無いから、こんなに眠るのが苦しい。いつもと同じじゃないか。夢があったら、それは残酷というものだ-。「分裂病」と誤診された哀しみの9年間を綴る。

この書籍の裏には国家支配問題があります。
わたしが思うに9年間は監禁だと思います。
国は青年の9年間という青春を奪ってしまった。
花岡医師に巡り会えて監禁が解かれました。
ほんとうに良かったと思う。

わたしはこの病気は科学的にも脳医学的にも解明されていないので
安易に考え診察判定をして欲しくはない。時間をかけて欲しい。
時には保護してくれる家族の意見も必要だと思う。
注射一本で監禁されたくない・・・自由を奪われたくない

わたしには夢がある・・・
夢を失くしてしまった時もある・・・

病に伏すときは辛いけれど・・・環境因がある・・・
環境因がおおきい・・・
たとえ・・・命が短いあいだでも・・・
自由でいられること。こころを輝かせられること・・・
大事だと思う。

従兄弟のお嫁さんは、幻覚というだけで・・・
病院に閉じ込められ・・・生命を絶った。
子供達は小学生だった・・・
わたしと同じ名前だけに身近で仲が良かった。

母は・・・同じ道を歩ませたくナイと自分でわたしをかばった。
全部拒否した。
お陰さまで・・・あたい・・・
現在は幻聴や幻覚があろうとも自分達普通に生活できている。
希望は・・・と聞かれると・・・

子供達は勝手に育ってくれればいい。
今現在は安心の域でもある。

希望は・・・と聞かれると・・・
ナイショ!いつもcandyが思っていること。

あっと!了解前に書いてしまったよ。
だめだったら、言ってね。すぐ消すよ。ごみんね。
了解とれないまの掲示板UPでした。ごみんね。

by candy

http://moon.gaiax.com/home/candysan

 
 
》記事一覧表示

新着順:17/96 《前のページ | 次のページ》
/96