teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


あかりさんへ

 投稿者:『きずな』事務所  投稿日:2010年 6月10日(木)08時50分47秒
  10周年記念ミニパーティーに来てくれてありがとう!
その日のためにいろいろ準備してきたので、あかりさんの「すごくよかったです。」の言葉、本当に嬉しかったです。あかりさんの記念メッセージを聞いて、今までいろいろとあかりさんたちと楽しくすごしたことを思い出しました。
『きずな』でのいろいろな経験が、あかりさんにとって大切なものとなっていったのだと思うととても嬉しかったです。

いろいろあったけど、『きずな』をやってきて本当に良かったと思いました。いつか、あかりさんもお姉さんとして、ろう児たちに会って一緒にやっていくことができたらいいな!

私たちスタッフも、あかりさんやみなさんに会えてとても嬉しかったです。
またいつか、会える日まで!
 
 

ありがとうございました。

 投稿者:あかり  投稿日:2010年 6月 6日(日)23時13分36秒
  きずなのスタッフ皆様へ
今日は、少ししか話が出来ませんでしたが、今日のミニパーティすごくよかったです。
10年間色々ありましたが、学校と違って、常識を学んだり、友達、スタッフと話したのがうれしかったです。
久し振りに会えて、貴重な一日でした。
また、皆さんに会うことが楽しみです。
ありがとうございました!!
 

映画「ジャップ ザ ロックリボルバー」上映のお知らせ

 投稿者:ぽんメール  投稿日:2009年 7月21日(火)20時29分20秒
  失礼いたします。

ドキュメンタリー映画「ジャップ ザ ロックリボルバー」

上映のお知らせさせてください。



監督コメント





聴覚障がい者4名と健聴者1名で構成された手話ロックバンド「BRIGHT EYES」は、2008年で結成20年目を迎える。

どうして耳が聞こえないのに、バンドを組もうと思ったのか?
耳が聞こえない彼らは、バンドをしていて楽しいのか?
正直言って私も最初は、そんな凡庸で陳腐な疑問を抱いた。

1曲覚え、ステージで披露するまでに半年かかる。
また、ようやくステージで歌えたとしても、観客の歓声、拍手はおろか、自分達の奏でる音や歌声すら聞こえないのである。

だが、彼らのライブを生で体感した時、その痛々しいほどの生命力に体中が震えた。
生きていることの喜び、そして圧倒的な孤独をすべてロックンロールというパワーに変えてきたのだろう。
はみ出し者の美学を求めて……。

この映画は、ままならぬ世界でのたうちまわりながらも、自由を求め続け踊り続ける彼らの叫びに迫ったドキュメンタリーである。




解説



静寂の世界より生まれくる音楽や声が、これほどまでに生き生きとした躍動感と生命力に溢れているとは驚きであった。それはすなわち音というものが、単に「聞く」ためにあるのではないという証であろう。音は、聞こえる聞こえないにかかわらず、それ自体がエネルギーとなり得るのである。時を越え国を越え、脈々とハートからハートへ受け継がれてきたロックンロールとは、音楽という概念すら越えた「スピリッツ」だということも、ブライト・アイズのロックに触れて実感した。「耳が聞こえないのにバンドをやっている」のではなく、「耳が聞こえないからバンドをやっている」という彼ら。定められた運命に真っ向から逆らうような、そんな尖がった生き様そのものが、まさにロックである。
人生とはおおむね孤独との闘いである。孤独とは何かと問われ、他者とのつながりにおける疎外感や劣等感を思い浮かべる人も多いだろう。しかし、もっと根本のところを辿れば、自己とのつながりの希薄さが孤独を増幅させるのだ。特に現代日本には、己の運命を嘆き、底知れぬ孤独から抜け出せないでいる人のなんと多いことか。もしあなたが今、運命を受け入れることで孤独に陥っているのならば、いっそ彼らのように運命に逆らってみればいい!運命を逆手にとって、孤独すら武器にして、思いっきり人生をロックすればいい!そう、愛せない自分を愛するために。



10月17日 土曜日から大阪 九条シネヌーヴォで

       1週間レイトショウ

        日本語字幕付き



管理人様、不適せつでしたら削除お願いいたします。
 

じまくがつくよ!!!!

 投稿者:ねこばす  投稿日:2007年 4月25日(水)10時20分20秒
  全てのDVDに日本語字幕を!パソコン上でDVDに「聴覚障害者用字幕」を表示


全てのDVDに日本語字幕を!
パソコン上でDVDに「聴覚障害者用字幕」を表示するサービス
~角川書店「時をかける少女」でいよいよ本格化~
  http://web-shake.jp/
株式会社キュー・テック(本社:東京都港区、代表取締役:堀 徹)は、
本日インターネット上の無料字幕配信サービス『web-shake 字幕をつけ隊!』の
利用者増加を背景に、角川書店様発売、DVD「時をかける少女」のリリースに
合わせた字幕の配信を行う等、同サービスの積極的な運用を開始しました
 

手話ロックバンドBRIGHT EYES DVD発売

 投稿者:The Shadow's TVメール  投稿日:2006年11月30日(木)17時44分2秒
  カゲテレではすっかり御馴染みとなりました
手話ロックバンドBRIGHT EYESの新作DVDが遂に登場です!
その名も「The Shadow's TV公開録画 NUMBER20050709
BRIGHT EYES LIVE!!」です!

名古屋の鶴舞にありますKDハポンで行われたライブを
収録致しました。歌詞もテロップで完全フォロー。
ろう者の方や手話を勉強されている方にも
充分楽しんで頂ける内容となっております。

発売:12月16日
料金:2300円(税込み)+郵送料金、代引き手数料1000円

本日予約を開始致しました。
お問い合わせ、ご予約は下記までどうぞ。
tetsu@the-shadow.jp
052-883-6043(TEL/FAX)
090-1832-1679

お申込の場合は、お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、枚数を
ご記入頂き、送信して下さい。

よろしくお願い致します。

The Shadow

http://red.ap.teacup.com/theshadow/

 

子どもと手話でわくわくワークショップ・

 投稿者:『きずな』事務所メール  投稿日:2006年11月 6日(月)18時47分40秒
  注目!!
大阪にお住まいの方へ!!またとないチャンスです!!!
参加費 無料です!!!!

平成18年度大阪市家庭教育支援総合推進事業のお知らせ

手話で子どもと話そう/子どもと手話でわくわく
ワークショップ・・・手話の楽しさを伝えよう・・・

講師 井崎 哲也さん
(日本ろう者劇団代表代行、NHKみんなの手話講師)

きこえる子どもはことば遊びをしながら「ことば」を身につけていきます。
たとえば、小さい子どもは即興で替え歌を歌ったり、意味のないことばを発して
その語感を楽しんだりしています。
これは手話についても同じです。
でもきこえない大人は、手話を使ってのことば遊びの経験がありません。
そこで、子どもとの手話ワークショップに数多く取り組んでいる井崎さんを招き、
親子で手話ワークショップを体験してみませんか。
このワークショップを通して、きこえない親をはじめ、大人が手話を通してきこ
えない子どもとのコミュニケーションをもっと自由に楽しんでいくことができれ
ばと思います。

 親も子どもも手話でのコミュニケーションを楽しむことのできるありのままの
環境を作っていきましょう。

井崎哲也さんのお話とワークショップを通して、
「子どもと手話」について一緒に考えてみましょう!

※本講座では、手話のみで行われ、読み取り通訳などはありません。
保育は用意しておりません。(親も子どもも参加型のため)

●日時 平成18年12月9日(土)午後1時~4時

●場所 大阪市立港近隣センター
(大阪市港区八幡屋1-4-20 地下鉄朝潮橋下車南へ徒歩8分)

●対象 3歳~小学校2年までの子どもとその保護者でどなたでも
参加できます!

●定員 15組(多数抽選)

●参加費 無料

●申込方法 FAXで「講座名、名前、住所、連絡先、子どもの名前、年齢」を
書いてお送りください。

締切 11月25日(土)

●問合せ 大阪市港区聴言障害者協会(カミジマ)FAX 06-6576-5176
主催 大阪市港区聴言障害者協会
 

またお待ちしています

 投稿者:『きずな』事務所メール  投稿日:2006年10月23日(月)19時19分47秒
  あかりちゃんへ

書き込みをありがとう!
先日の『きずな』WSは勉強になったようでスタッフもうれしいです。阿倍野防災センターには手話のできる職員さんがいて、手話で挨拶してくれて嬉しかったね。来年もまた『きずな』に遊びに来てください。スタッフはみんな、いつでも待っているからね!

あかりちゃんの保護者の方へ

先日のWSについての感想を書き込みいただき、誠にありがとうございました。
今後とも保護者の交流会や手話講習会、ろう者を招いての講演を行ないますので、
ぜひともお越しください。スタッフ一同、心からお待ちしております。
 

有難うございます

 投稿者:あかり  投稿日:2006年10月15日(日)22時22分12秒
  今日は、いろいろありがとうございます。
私がやったことがない体験、たとえば消火器で火をうまく消せた体験ができてよかったなぁと思いました。
地震がおきるまえに、準備をしたり、緊急時について自分の地域の消防センターに聞いてみたいなぁと思いました。
また、よろしくお願いします。
スタッフのみなさま、当日スタッフのみなさま、今日はいろいろありがとうございます。

あかり、保護者より
大阪市生涯学習ネットワーク事業の保護者企画に参加させて頂き、ありがとうございました。
交流会では、思春期や、携帯メールの問題による悩みの相談にのって頂き、感謝いたしております。
又、手話学習会では、本にはない、活きた手話をお教え頂き、あたらためてコミュニケーションの大切さを感じました。
そして、資料でろう者が緊急時に対する対応が、大阪市ではきちんとマニュアル化されており、私の地域と比較して、大きな違いを感じました。
今回、保護者企画では、悩み+コミュニケーション+地域のろう活動を学ばさせて頂きました。
本当にありがとうございました。
 

手話ソングライブin大阪

 投稿者:みかひとメール  投稿日:2006年 8月15日(火)12時38分7秒
  「手話ソングライブin大阪」

どうも初めまして☆彡
障害者の歌詞に曲をつけて活動している「みかひと」と申します(o*。_。)oペコッ
少し告知をさせてください(*- -)(*_ _)ペコリ
手話を始めて16年半になる19歳の「みしゅ」を加えて、 手話ソングのライブをします(*´∇`*)
今年に入ってから いろいろな場所で手話ソングをさせていただいてます♪
難病を闘っていらっしゃる方が想いをこめて書かれた詞を、ビジュアルとして表現します。
手話ソングを世界に広めようと…
想いをこめた曲と、手話で思いを伝えたいと思います☆彡
今回は、盲目で知的障害の天才ピアニスト坂部さんと共にするコンサートです。
スタッフとしてお手伝いいただける方を募集しています。
ぜひ宜しければ 見に来て下さい(o*。_。)oペコッ

            -詳細ー

●2006年8月19日(土)19時~21時、野田阪神のスタジオKAZZさんで、風のチュチュ実行委員会「みかひと」主催、
第1回風のチュチュ・コンサートを行う予定です~♪

入  場:500円チップ制(軽飲食用意)
場  所:〒553-0002 大阪市福島区鷺州1丁目12-6スタジオKAZZさん
問合せ:TEL 06-6452-1174

【交通】■ 阪神電鉄「野田駅」※大阪梅田より5分 市営地下鉄・千日前線「野田阪神駅」下車国道2号線大阪方面へ徒歩10分。
     福島郵便局向いです。他、JR東西線「海老江駅」付近。 (阪神電鉄バス・市営バス=バスターミナルもあります)

* さらに詳しいコトはメンバー美洙snow_flake_mishu@yahoo.co.jpまでメッセージでお問い合わせ下さい♪

 三島ひとひろ www.eva.hi-ho.ne.jp/h-mishima/

http://www.eva.hi-ho.ne.jp/h-mishima/

 

自遊激団十四瞳サイレントムービーVOL.1「家族の彩色(かぞくのあやいろ)」

 投稿者:『きずな』事務所  投稿日:2006年 6月13日(火)18時15分46秒
  昨年の旗揚げ公演「赤い月~秘められた狂気~」で大成功に収めた十四瞳が贈る
第二弾!十四瞳オリジナル製作「家族の彩色」
大阪で開催された2006年3月5日耳の日記念大会でダイジェスト版(40分)を初上
映。観客の圧倒的な称賛を浴び、5月28日にはLICはびきのにて完全版(75分)を
上映。大反響を呼んだこの作品が大東市立文化情報センターDIC21にて上映決定!


◇日時
☆2006年8月27日(日)●10:00~●12:30~●15:00~☆当日/1200円☆前売券/
1000円(大人・小人一律料金)☆各回定員48名☆完全入替制・全席自由席☆前売
券は満席になり次第、締め切ります。

◇申込先
●FAX:050-8883-4343●E-mail:14eyes@yesyes.jp●HP:http://14eyes.
jellybean.jp/

◇交通
☆JR学研都市線「住道」駅下車すぐ☆大東市立文化情報センター「DIC21」

◇story
年老いた老婆である小川かづえには一人息子の猛がいるが、仲違いしている。あ
る日、かづえはふとしたきっかけで野間和男と出会い、身の回りの世話をしても
らうことに。その日から、かづえを中心に物語の歯車が回りだす。見え隠れする
「殺意」「嫉妬」そして「謎の人物」―かづえの運命はいかに?

◇観客の感想(一部抜粋)
●音の無い映画を始めて見て、普段、音に頼りすぎているんだなと思った。●家
族の絆を感じ、とても感動する映画だった。●「赤い月」に続き、感動させられ
る作品で心から拍手を贈ります。●どんな展開になるのかと思っていたら、予期
せぬ結果で楽しませてくれた。

http://14eyes.jellybean.jp/

 

レンタル掲示板
/7