teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:5/109 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

状況判断☆

 投稿者:happa  投稿日:2010年10月30日(土)10時30分19秒
  通報 返信・引用
  最近のジュニア年代におけるGKの特徴として、状況判断を加えずにFW(フォワード)の最前線にパントキックしているGKが多いように感じる。
残り時間が少なかろうが相手のその時の陣形にかかわらず状況判断なしに蹴り込むのはせっかくの攻撃のチャンスを自らが失ってしまう。
慌ててフィードすることはないが、残り時間、点差、相手の陣形の状況に応じて味方の攻撃につながる或いは確実に味方の攻撃の起点となる相手に奪われないキックやスローイングで臨機応変にフィードすべき。
シュートキャッチすることばかりに気が集中し、キャッチしたら”やみくも”に最前線に蹴り込むのではなく(勿論、相手が押し上げていれば最前線に蹴ることは判断の中で必要)、常に周囲を観て状況判断しておくことが大切である。
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/109 《前のページ | 次のページ》
/109