teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


@homepageサービス終了について

 投稿者:溝ノ口  投稿日:2016年11月12日(土)17時11分31秒
  @homepageのサービスが終了して、115系形式写真集115のページが見られませんが・・・。  
 

リンク貼らせていただきました。

 投稿者:和泉優  投稿日:2011年 4月17日(日)22時14分18秒
  お久しぶりです。
当HPのリンク集に貴殿様のサイトを貼らせて頂きました。もし、差し支えありませんでしたら相互リンクお願いします。
リンク先は「メイン⇒実車関連HP」です。
追伸:
豊田の3連製作に奮闘中です。

http://www.geocities.jp/teharasharyou/index.html

 

リニューアル工事

 投稿者:トレインスター  投稿日:2010年 3月10日(水)19時14分35秒
  平成11年ごろから113系や115系で始められた、
体質改善リニューアル工事は、施工が始められた当初、
関西圏の113系約200両に実施される予定だったそうで、
延命のメドは、建造から40年程度とされていたようです。
ところが、平成14年度に入ってから、
工事コストの低減や、将来取り替えるべき車両数の平準化などのため、
103系や105系も含めて、
「延命N30工事」へと大きくランクダウンし、
側窓の交換などもなされず、客室内のリニューアルが中心となり、
延命のメドも、かつての特別保全工事とほぼ同様の、
全般検査1~2回程度までとなったようです。
 

体質改善か塗色変更か?

 投稿者:バランタイン号  投稿日:2010年 3月 7日(日)21時30分30秒
  トレインスターさん、はじめまして。
さて話題となっている延命(体質改善)工事ですが、昨年9月のC18編成への施工からは行われていません。シートピッチ改善形の未施工車では1000番台車が4両になり、これをこのままにするのかが気になりますが、いきあたりばったり主義?の西日本のことですからどういうふうにするのかわかりませんね。
むしろ入場したら例の一色塗りが優先されるような気がします。
なお続々入線している113系にも未施工車が結構ありますが、広島転入後に体質改善が行われるのかどうか、このあたりがカギとなりそうです。

http://homepage2.nifty.com/115kureline/

 

(ずいぶん経ってしまいましたが)はじめまして

 投稿者:バランタイン号  投稿日:2010年 3月 7日(日)21時15分2秒
  >和泉優さん
あいさつが遅れまして申し訳ありません。
早いもので、静岡から115系が消えてまもなく3年ですね。
結局S8編成のクハ115-188をまともに撮れなかったのは、
かなり痛いです。
豊田車も先行きが怪しいだけに、全ヴァージョンを押さえておきたいですね。

http://homepage2.nifty.com/115kureline/

 

はじめまして&国鉄型車両の延命工事は打ち切りか?

 投稿者:トレインスター  投稿日:2010年 2月21日(日)15時36分16秒
  はじめまして。
早速ですが、主な書店の店頭に並んでいる、
「JR電車編成表」の最新号を見ると、
今年度上期に、JR西日本の国鉄型電車の延命化工事を施工した車両がまったくなかったそうです。
関西圏の103系では、すでに平成16年暮れを持って、
延命工事は打ち切られていますが、
岡山、広島支社管内配置の115系では、
昭和53年以降建造の、
1000、2000、3000、3500番台を対象にした延命工事が、
昨年度まで断続的に続けられ、
岡山支社配置分では、対象配置車への施工が完了したそうです。
一方、広島支社配置分では、1000番台の一部に未施工該当車がありますが、
工事施工のメドは立っていません。
JR西日本では、明言はしていないのですが、
もう、国鉄型車両の延命工事は、今後は、
実施しないつもりなのでしょうかね。
 

どうも始めまして

 投稿者:和泉優  投稿日:2009年11月20日(金)14時34分56秒
  自分は豊田の3連や静岡ネタで模型を楽しんでおり、
現在、後者だけで3本完成+2本製造しております。

個人的にはS8編成が好きですね。
よろしくお願いします。

http://www.geocities.jp/teharasharyou/index.html

 

懐かしの開閉抵抗

 投稿者:バランタイン号  投稿日:2009年 6月 7日(日)17時40分39秒
  1年以上も放置して申し訳ありません。
今回「鉄道ピクトリアルNo.820」には115系の特集が組まれましたね。
さて0番台ならびに300番台のTK8は重いドアの印象がありましたが、どうもTK8Aの倍の開閉抵抗…、つまり5㎏はあったようです。
このような重いドアは今や115系ではほとんど見られなくなりましたが、キハ40グループではまだ多く残っているようです。
 

開閉抵抗

 投稿者:足柄鉄道  投稿日:2008年 2月 2日(土)19時08分5秒
  高校時代、0番台湘南色で通学していました。
北ヤマから転属してきた、800番台を含む4連が、基本でした。
短編成化される前の話です。
朝夕は、全面貫通はしないものの、4+4の8連。
非冷房の8連は、端正で、とても美しかったというイメージが残っています。

当時、12/1から3/31までは、半自動の扱いでした。
ドアを開けるのに、とても苦労した思い出があります。
アルミ製手掛けに、四指を入れ、力をこめて横に引く(押す)。
片手では強い力が必要で、両手で。
ものぐさが高じて、隙間に足を入れ、爪先でドアを押しやって、ようやく降車。
押し戻りもありました。

戸じめ機械は、300番台以降は、TK8A。開閉抵抗が2.5kgと軽くなったと、ずっと後になって書籍で知りました。

あの時の開閉抵抗は、いくつだったのでしょう。
 

運転試験について

 投稿者:バランタイン号  投稿日:2007年11月18日(日)22時42分4秒
  足柄鉄道さん、はじめまして。投稿ありがとうございます。
上野口、静岡地区と撤退が続く115系ですが、まだ様々なバリエーションが各地で誕生している同系ですので、今後もページの充実をはかっていきたいと思います。応援よろしくお願いします。
さて質問にあった件ですが、1986年2月の「鉄道ピクトリアル」459号に、115系特集としてこのことが取り上げられています。
それによると昭和38年9月19、20日に11両(8M3T 実際は1ユニットを付随車扱い)で、横川ー軽井沢間の走行試験を行ったとあります。
ここから推測すると、当時115系は宇都宮運転所の4両編成(モハは1~23、クハは1~46)しかないので、この編成のどれかを使用したことになります。
車番などはこの資料には記載されていないのが残念ですが、現在も下関に残るクモハユニットはこの初期投入グループのモハが種車となっており、もしかしたらこの試験に使用された可能性もありますが…。実際の編成記録などをお持ちの方、ご連絡をお待ちしております。
 

レンタル掲示板
/3